ブラックバスルアー福袋情報
イマカツ ハスキーハスジー(特注限定バージョン)

イマカツ クランク

イマカツ クランク レッスン

イマカツクランクで釣り上げたい!そんな要望にお答えします!

今回、イマカツクランクバスフィッシングにおいては万能のイマカツクランクベイトです。イマカツクランクベイトは今まで、主に淡水で使用されるルアーでしたが、最近「マダイのクランキング」というものがあるそうです。どんぐりにリップを付けたような形をしていて、初心者の方は「これで釣れるのか?」と思われるはず... しかし、バスフィッシングでは、使い方さえマスターしてしまえばメインルアーとなりうるルアーです。

Lesson 1  サイズについて

サイズは40mm〜60mm位までと全体的に小型で、ターゲットの居るレンジによって使い分けます。
40mm前後のものは、トラウトフィッシングに!
45mm以上のものは、バスフィッシングにどうぞ!

Lesson 2  フックについて

ミノー同様トレブルフックが主流であるが、ターゲットによってシングルフック等に交換するのもいいでしょう。
淡水用と海水用があるので注意が必要!
淡水用を海水で使用する場合、フック等の金属部分の交換が必要になる。

Lesson 3  潜行深度について

クランクの潜行深度は大きく分けて3種類。
シャローレンジ,ミドルレンジ,ディープレンジです。
潜行深度の記載が無いものは、リップの大きさやアイの位置でレンジの確認してください。

Lesson 4  特徴について

イマカツクランクベイトは、ボディのわりにリップが大きいのが特徴で、根を回避する能力に長けています。
カバーやリップラップを攻めることがイマカツクランクベイトの本質です。
そのため、水深によって使い分けることをお勧めします。
トップ用のイマカツクランクは、その概念が無く、主に引き波を立たせることが特徴です。

Lesson 5  得意アクション

イマカツクランクには、特にアクションは必要ありません。
ただ巻きするだけでキビキビ泳いでくれます。
「カバークランキング」を駆使して大物をGET!してください。

イマカツ クランク

イマカツ クランク 意味

イマカツクランクを見る前に、クランク自体の意味を見てみましょう。イマカツ商品を手にする前に!

クランクとは、

機械の要素の一つで回転する軸とそれとは芯のずれた軸を結ぶ柄からなる機構です。例として手回しのハンドルなどがあります。→ #クランク (機械要素)
上記のハンドルで特に映画用カメラ(初期の手回し時代の物)のそれを指すし、そこから映画の撮影開始をクランクイン(crank in)、終了をクランクアップ(crank up)というようになりました(和製英語)。
上記の形状の派生用法として直角の狭いカーブが二つ交互に繋がっている道路のことを指します。後述の説明は自動車教習所あるいは検定所での例です。→ #クランク (道路)


クランク (機械要素)
クランクとは、機械の要素の一つで回転する軸とそれとは芯のずれた軸を結ぶ柄からなる機構です。クランクロッドと呼ばれる棒を介し、往復運動を回転運動に変換する動作や、あるいはその逆の変換動作をします。前者の例としては自動車などのレシプロエンジンがあり、ピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変えます。類似の機構で逆にクランクの方を先に回転させればポンプになります。クランク単体の例では人力で何かを回すためのハンドルや、自転車のペダルなどがあります。


クランク (道路)
クランクとは狭路の一種で、直角の狭いカーブが二つ交互に繋がっているコースで、技能検定や修了検定で必ず検査される課題の一つです。狭い道路を、車両感覚を捉えたり、視野を上手にとったりしながら、適切な進路と速度を選んで通行できるようにするのが目的です。

教習生が苦労する項目で、深く入り過ぎたり、速度が速すぎたり、ハンドルを回し足りなかったりすると、外側前輪を乗り上げてしまい脱輪させてしまいます。逆に、ハンドルを回すタイミングが早かったり、ハンドルを回し過ぎたり、曲がる方向に寄せ過ぎたり(内輪差を考えなかったり)すると、内側後輪を乗り上げてしまいやはり脱輪させてしまい、路外にポールが立ててある場合は接触にも注意しなければなりません。脱輪をしたり、しそうになったりした場合には、切り返しをする必要があります。

どうでしょう?イマカツのクランクとは一見意味合いがないように思いますが、イマカツの商品もニュアンス的には同じです。これで、イマカツクランクも完璧ですね?(笑)

イマカツ クランク

イマカツ クランク プロジェクト

イマカツクランクプロジェクト!イマカツクランクでヒットしてみたい!

イマカツクランクは支点のズレから生じる"騙し系アクション"でスレバスもイチコロです。飛び、巻き心地、アクション、すべてが丁度心地いいよく、狭小フィールドをとことん熟考しつくした、ニッポン専用開発システムクランクベイト、それがイマカツクランク!

無音激飛型幻惑系クランクベイトシリーズ

イマカツ・クランクプロジェクト、それは日本のフィールドとバスの性質を徹底した実戦を通じて研究し、四季を通じて様々なフィールドで、様々な状況下で、誰もが簡単に信頼して使い込めるベーシックでありながら最高水準のクランクベイトを作り上げるプロジェクトです。

イマカツ・クランクプロジェクトでデザインされたクランクベイトはピンポイントで突出した能力を発揮するのではなく、誰が投げても気持ちよく遠投でき、普通に巻いているだけで自動的に一定レンジを広範囲に探り、最高の集魚能力、バス捕獲能力を安定して発揮するように設計されています。

シーズンを問わず、より幅広い状況下で使え、より長時間、より長期間に亘って信頼し使い込めるクランクベイトシリーズです。

まさにバスフィッシングの腕の如何を問わず、誰にでも釣らせねばならないバスフィッシングガイドの「漁具」的クランクベイトを理想としてテスト、開発されています。

イマカツ・クランクプロジェクトでは、イマカツプロスタッフのみならず、一般のアングラーから初心者までに実釣テストを依頼。今も日本のあらゆるフィールドで徹底したフィールドテストを繰り返しています。

そのイマカツ独自の卓越した経験と貴重なフィールドデータから、アングラーにとっての最高の使い心地と、日本の "賢い" バスにとって最も魅力的とイマカツが考える独自の "DAZZLING ACTION (幻惑する動き)" を全てのシリーズにフィードバックさせています。

ベーシックでありながら最高峰のトーナメントをも制する潜在能力、そしてアングラーを選ばない。投げれば誰もが直ぐに理解できる、それがイマカツ・クランクプロジェクトの基本コンセプトなのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。